女が人生を這い上がるとき、何が見えたのか?【満席となりました】

忘れられない言葉がある。

その言葉に、涙がボタボタと地面に落ちて、その涙のあとを見て唇を噛みしめた、あの記憶。

離婚して、パートでしか雇ってもらえなかった。
理由は「子供が小さいから」。

子供が熱を出したりしたとき、近くに見てくれる親がいないと分かると、ことごとく断られた。

それでも、働くと言えば、人に雇われる道しか考えられなかった。

「うちで働いたらいい」

そう言ってくれた人が神様に見えた。

ところが、あるときそう言ってくれた社長がこんな言葉を私に浴びせた。

「仕事するってことはな、子供を犠牲にするってことや。それが出来ないなら、仕事なんて辞めてしまえ!」

「お母さん」と私を見つめる、娘たちの幼い顔が頭の中でグルグルと回り
うつむいて止まらなくなった涙が床に落ちるのを、ただ見ていた。

「私は子供を犠牲にしたくない」
翌日、辞表を出した。

次もやっぱりパートだった。

そこの社長にもあるとき、ニヤニヤ笑いながら言われた言葉。

「お前らみたいなシングルマザーなんかな、使ってくれるようなとこほとんどないぞ。早く養ってくれる男見つけたほうがええんちゃうか?」

子供と幸せになるためには、こういう人に雇われていては無理なんだ。

そして、私は二度目の辞表を出す。

あの時、本気で「朝なんか来なければいいのに」と思って眠りについていた。

でも、今は違う。

仕事なんだか、楽しみなんだか分からない。
周りには笑顔の仲間たちがいる。

がけっぷちから這い上がるとき、確かに見えたものがある。

そして、がけっぷちで一番怖いことも見えた。

明後日、「女の本音全開シークレットセミナー」でお話させてもらいます。

お陰さまで満席となりました!ありがとうございます。



—–


2012-09-20 | Posted in 登壇セミナー・講座No Comments » 

関連記事

Comment





Comment