ブログ

怒ってるうちが花。

「すぐ怒るけど、すぐ機嫌が直る」

とは、昔よく母親に言われた私の性格のこと。

でも、だんだん「怒る」ということがなくなってきた気がする・・・。

思ったこと、感じたことを口に出したがるところがあるので、「文句たれ」みたいに思われているところもあるようですが(笑)、

あきらかに昔に比べれば温厚になったと思う。

だんだん・・・

昔のように感情を激しく震わせて、相手に噛みつくような怒り方ではなくて・・・

怒れば怒るほど、静か~~になるようになってきました。

いや、怒ってるというよりは「終わった・・・」と噛みしめているというか。

「怒る」という感情になるときって、怒りの対象となる人に対して「まだ、なんらかの期待があるとき」なんじゃないかな~。

だから、期待がなくなれば怒る必要がないわけで。

昔、父親にこっぴどく叱られた後、母親が

「お父さんが怒ってるうちが花やねんで。お父さんが怒らなくなったら、もうあんたには言っても無駄って思われたってことやねんから」

と言ったことがある。

「早く言っても無駄、と諦めてくれたらいいのに」

とその時は思ったけれど、それってすごく怖いことやなーと今は思う。

娘たちにとって、今の私はとっても煙たい存在だろうと思うけど

「私が怒っているうちが花」なんだと気付いてくれたらいいんだけど(笑)

ペタしてね読者登録してね

—–


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る