「その場に合った声で話せる」ということ。~声で空気感を創り出す~

録音された「自分の声」を聞いて、ギョッとしたことはありませんか?

私、月野が初めて自分の声を聞いたのは、小学1年生のときです。

父の弟が録音してくれた自分の声を聞いて、自分が普段聞いている自分の声と全然違っていたので、本当にビックリしました。


大人になってからも、自分の声を聞いては「ハァ~~ッ」とため息。

だって、全然可愛くないんですもん(涙)

そんな私の声が生まれ変わるかも~~~♪とワクワクしているのが、これ。

26日(木)の、第1回レデュコ勉強会!

レデュコ勉強会とは、レデュコメンバーの中で

「伝えたい熱い想い」

を持っている方に、「講師実績の有無関係なく講師として話していただき、それをレデュコメンバーが学ぶ」という新企画です。

第1回のレデュコ勉強会のテーマは『声』

講師はレデュコメンバーであり、シンガーのまむちん、こと小河畑千鶴子さん♪

以下、まむちんからのメッセージです

3年半ほど前にアメブロを始めて以来、ときどきセミナーなるものに参加するようになり、異業種で活躍なさっている女性に会う機会がうんと増えました。
 
私が自己紹介でシンガーであることを説明すると、懇親会の席などで「どうやったら歌が上手くなりますか?」といった質問以外に、

〝声の悩み″を打ち明けてくださる…という場面が何度もありました。 

「歌に限らず、ご自身が普段話す“声そのもの”にも、悩みやコンプレックスをお持ちの方って結構いらっしゃるのだな」
ということをリアルに感じたのです。

今後、レデュコ会員のみなさんのなかから
 

*独立、起業なさる方
*新たにお仕事(パート)を始めるために面接を控えている方
*講演、セミナーの依頼が増えてドキドキしている方(笑)
*好印象を持たれる声づくりをしたい方
*自分の声にコンプレックスのある方

などに向けて、マニュアルどおりの声ではなく

『あなたに合った声』であなたの想いを伝えられるようになっていただきたい!

と思った次第です。

(まむちん)

声って色んな場面でやっぱり変わる。

でも、その時々の場面に「合った」声で話せているだろうか?

セミナー講師をするなら?
司会をするなら?
子供を諭すときは?
ランチ会での自己紹介のときは?
彼氏の前では?

などなど、色々な場面でもお役に立つ、

“声を作る(ヴォイスメイク)”

まさに、声でその場の空気感を創り出す、ということ。

まむちんがぜひに!と熱いラブコールを送って実現した、強力なサポーターのこの方この方によって、さらにエエ声に!

>>詳細・お申込みはこちらから

—–


2012-07-20 | Posted in Laduco(レデュコ)No Comments » 

関連記事

Comment





Comment