ブログ

ココロがささくれたときは。

毎日、毎日。

「生きる」ってことは、嬉しい、楽しいばかりじゃなくて。

むしろ、そうでないことのほうが多いくらいで。

毎日喜怒哀楽、ココロもジッとしてなんかないもんだから

時々はちょっとささくれてきたりもする。

ささくれていたら引っ掛かって、ちょっと気になるから

エイヤ!

とささくれを引っ張って無理矢理剥がして血を流す。

指にできたささくれなら、オロナイン塗っておくとか

絆創膏を貼るとか

なんらかの処置を取れるけど。

ココロがささくれたときは

なにをしたらいいんだろう。

特効薬なんてあるのだろうか。

そんなことを思いながら、手にとるのはこの本たち。

わたしと小鳥とすずと―金子みすゞ童謡集/金子 みすゞ

¥1,260
Amazon.co.jp

明るいほうへ―金子みすず童謡集 (JULAの童謡集シリーズ)/金子 みすゞ

¥1,260
Amazon.co.jp

ココロのささくれには、純粋な思い。

優しい言葉。

それから伝わる温かさ。

私のことを言っているわけでもなく、あの人のことを言っているわけでもないけれど。

ふんわり、ふんわり優しくなって

私も誰かに優しくしたくなる。

ささくれがひとつ、消えていく。

ペタしてね
読者登録してね

—–


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る